社会福祉法人 富士旭出学園 ふじあさひでがくえん

個人情報の取扱

個人情報保護に対する基本方針

【1】基本方針
 近年になって情報セキュリティがとりわけ注目される理由は、インターネットやITの技術革新により、ますます重要性を増している個人情報保護が困難になってきているからであります。
 社会福祉法人富士旭出学園では、個人情報保護を事業遂行上、最も重視すべき社会的責任と認識しております。
 利用者(障害当事者)の情報は、私どもが利用者個々人に最も適切なサービスを提供するために必要不可欠なものであり、当法人の展開する事業に従事する全ての職員が平素より、その社会的責任を認識し、知り得た情報を安全に保管し、保護に努めてまいります。
 私どもは、その為に、自主的なルール及び体制を確立し、個人情報保護に関する法令その他の関係法令及び厚生労働省のガイドラインを遵守し、利用者の個人情報の保護を図ることを宣言いたします
【2】個人情報の留意すべき取扱方針
  1. 利用者の個人情報収集にあたっては、利用者にその情報の収集目的をわかりやすく説明し、利用者ご本人の承諾なしに収集利用することは致しません。また、同様に知り得た情報は、利用者が承諾している範囲に限定し、適切に取扱います。
  2. 利用者の個人情報への不正なアクセス、又は個人情報の紛失・破壊・改ざん及び漏洩など危険が生じないように技術面や組織面において、具体的なルールを定め、適切な安全対策を講じます。
  3. 利用者の個人情報を常に最新かつ正確な状態で管理するよう努めます。
  4. 当ホームページで掲載されている写真等の人物や情報は本人及びご家族の了承を得たものに限ります。
【3】活動方針
  1. 当法人の展開する事業に従事する管理職々員及び、すべての職員は個人情報の重要性及び基本原則を正しく認識し、コンプライアンスを基本に個人情報に関する法令及びその他の規範を遵守します。
  2. 個人情報に関する法人内コンプライアンス(個人情報保護規定等)を定め、当法人の業務に従事する管理職及びすべての職員に徹底する他、適切な個人情報の保護をするために常に細心の注意を払い、継続的に見直し改善に努めます。

平成19年4月1日
社会福祉法人 富士旭出学園

理事長 山川忠洋